私が達弥西心として起って、これからの残していく17年に踏み出した始まりの第2年、18年目であります。