それはお互いに必死に生きようとするからだ。