達弥西心として事業を始めたばかりの頃、明け方に私は夢を見た。不思議な夢だった。