何気ないことのように見えますが、私にとっては見えない世界とのやり取りの確かな手ごたえを感じた出来事なのです。