ハレの日、みんな笑顔で、いま確かに生きていることを確かめていました。祭りはいつもそうです。
笑って踊ってはしゃいで、汗びっしょりになって。
そう、やのくに盆踊りが済んで、夏が行くのです。