私が持っているすべてを子どもたちは若者に伝えたい。子どもたちや若者は、そこから走り出せば良いのです。